価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードの年会費は初年度も翌年度以降も無料にできる!

年会費無料

レックスカード(REXCARD)には、初年度無料の年会費を次年度以降も無料にする条件がひとつだけ存在します。それは年間利用額50万円以上という一点のみ。一年を通してクレジットカードをよく使う方ならすぐにクリアできる条件です。永年年会費無料のレックスカードライトの場合はポイント還元率が1.25%に落ちてしまいますから、1.75%の超高ポイント還元率を誇るレックスカードのほうがお得に使うことができます。

 

年会費って?

クレジットカードの会員でいるための年会費が必要なクレジットカードはそれだけ顧客への還元率が高い傾向にあります。レックスカードライトに代表されるように年会費永年無料のカードも増えてはいますが、サービスの面で劣ってしまったり、最低でも年会費分以上使わないとサービスが提供されない場合もあります。

 

レックスカードの年会費はいくら?

初年度の年間利用額が50万円以下の場合、次年度の年会費は税別2500円かかります。他社にあるゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどでは年会費数万円などの場合もありますが、レックスカードの場合は利用額の条件をクリアすれば無料になるのが他社カードと比べても選ばれている理由になっています。

 

年間50万円って高くない?

年間50万円支払うと考えればかなり大きな額になってしまいますが、月々で平均すると42000円程度。携帯電話と光熱費、家賃などと、時々ネットショッピングの支払い方法をレックスカードで設定しておけば意外と簡単にクリアできます。現金で払っていれば何の還元も受けられない光熱費や家賃、税金関係にもレックスポイントがつくだけでなく、これらの支払いをポイントと交換したJデポで値引きすることもできてしまうのでオススメのクレジットカードです。

 

一括払いにすればカードは怖くない

クレジットカードに苦手意識を持っている方は多いですが、それは分割手数料やリボ手数料などの金利が発生するからです。一括払いのクレジットカード利用では金利は発生しませんから、現金で支払ったのと同額の支払いで返済が完了します。回数指定の分割払いでも手数料はさほど高くありません。気をつけたいのはリボ払いだけですが、こちらも使い方によっては便利な払い方にできます。

クレジットカードが怖いと思っている方は、計画性のない方が陥ってしまう下手な返済方法を聞いた話に対して詳しい情報を得ていないからです。なぜクレジットカードで失敗してしまったのかを客観的に把握することで、苦手意識や恐怖心は取り払うことができます。レックスカードのように使えば使うほどお得なカードの場合は特に賢く使って年会費を無料にし、ポイント高還元率の恩恵を満喫しましょう

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード