価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードと一般クレジットカードの海外旅行保険内容を比較

レックスカードの海外旅行保険

レックスカードでは、付帯保険として旅行損害保険もしくはショッピングプロテクションのどちらかを選ぶことが出来ます。特に旅行損害保険を選択した場合は海外旅行保険の内容が充実しているのも大きな特徴です。今回は、他社の一般カードに付帯している海外旅行保険を比較してみました。

 

レックスカードの海外旅行保険

はじめに、レックスカードの海外旅行保険内容を確認します。旅行損害保険を選択すれば、カードを持っているだけで自動で保険が適用できます。補償内容は下記のとおりです。

  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 傷病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:最高20万円
  • 救援者費用:200万円

レックスカードの海外旅行保険の詳細は下記ページにて紹介しておりますので合わせてご覧ください。

 

一般カードの海外旅行保険

一般カードとして代表的なカードである、三井住友VISAカード、三菱東京UFJカード、JCBカードの3社を見てみます。

 

三井住友VISAカード(クラシック)

  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円(自動付帯300万円・利用付帯1700万円分)
  • 傷害治療費用:100万円
  • 疾病治療費用:100万円
  • 賠償責任:2500万円
  • 携行品損害:20万円
  • 救援者費用:150万円

三井住友VISAカード(クラシック)の海外旅行保険は、自動付帯と利用付帯では、傷害死亡・後遺障害の金額が異なります。自動付帯の場合は300万円、利用付帯の場合は1,700万円分となっており、航空運賃などの旅行代金を三井住友VISAカードで支払ったほうがより補償される金額が高くなります。その他の傷害治療費用、傷病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用については自動、利用付帯問わず、保険の適用となります。

 

三菱東京UFJカード(一般)利用付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高500万円
  • 傷害治療費用:30万円
  • 疾病治療費用:30万円
  • 賠償責任:1000万円
  • 携行品損害:10万円
  • 救援者費用:50万円

三菱東京UFJカード(一般)は、利用付帯のため、旅行代金をカードで支払わなければ、保険が適用されません。また、傷害死亡。後遺障害の保障額が低いほか、旅行者が一番お世話になる確率が高い、傷害治療費用・消防治療費用が30万円とかなり低く設定されている部分がネックとなります。

 

JCB(一般)利用付帯

  • 傷害死亡・後遺障害:最高3,000万円
  • 傷害治療費用:100万円
  • 疾病治療費用:100万円
  • 賠償責任:2000万円
  • 携行品損害:20万円
  • 救援者費用:100万円

JCBカード(一般)の海外旅行保険は、旅行代金をカード決済で適用となる利用付帯となっています。また、傷害死亡・後遺障害の保障額は3,000万円と一般カードの部類では高いですが、傷害治療費用・傷病治療費用の補償額が100万円と、旅行者が一番お世話になる可能性がある部分で考えると少々不安です。

一般カードの海外旅行保険を確認すると、利用付帯が前提で保険が適用される場合が多いのがお分かり頂けるかと思います。それを考えると、レックスカードは旅行損害保険を選択すると、自動的に保険が適用できますので安心できます。また、海外旅行中は死亡などより、病気や怪我で現地の病院にお世話になる可能性が一番高く、また、海外の病院での治療費は非常に高額です。海外での治療をカバーするのが、傷害治療費用・傷病治療費用に当たるのですが、一般カードの場合、金額が低く設定されているのが多く正直不安がありますが、レックスカードは最高200万円までの保証が可能ですので安心して海外旅行を楽しむことが出来ます。傷害治療費用・傷病治療費用の金額は高いに越したことはなく、また、複数のカードの海外旅行保険と組み合わせても請求ができますので、最高200万円まで補償可能なカードを2枚ほど持っておくと心配は不要です。

 

レックスカードと併用できるオススメカード

海外旅行保険を考慮する際に、傷害治療費用・傷病治療費用が重要であることをお伝えしましたが、レックスカードの補償内容は高いですが、更に併用するとより海外旅行保険が充実でき、気軽に所有できるカードがあります。

そのカードはKCカードで、一般カードにもかかわらず、海外旅行保険内容が自動付帯で補償内容が高いのが特徴です。また、WEB利用明細サービスとメール配信サービスに登録することで年会費が無料になるため、海外旅行保険を更に充実させる目的で気軽に所有できます。保険内容は下記のとおりです。

  • 傷害死亡・後遺障害:2,000万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:200万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:20万円
  • 救援者費用:200万円

万が一、請求する場合は、レックスカードとKCカードに対してそれぞれ請求が可能ですので、併用することでより海外旅行保険内容が充実します。
ちなみに、KCカードは、元々楽天KCとして楽天カードを発行していた会社でしたが、分社化した後、独自でカード業務を行っています。

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード