価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードと一般的なクレジットカードとの比較

レックスカードと他のカードの比較

ポイント還元率のみならず、付帯保険の充実度や優待特典、入会キャンペーンでも選ばれているのが価格.comのレックスカードです。一般的なクレジットカードと比べてポイント還元率が3倍と公式サイトにも書かれていますが、このポイント還元率や他の機能・特典の違いを詳しく知れば、レックスカードが選ばれている理由がわかります。

 

一般的なクレジットカードのメリット

例えばレックスカードにも利用されているブランド、VISAのオフィシャルカードにはVISAクラシックカードがありますし、JCBやマスターカードなどの各ブランドにも、どこの企業とも提携していない独自のクレジットカードサービスがあります。

特に有名なのがアメリカンエキスプレスやダイナースなどのセレブ向けクレジットカードでしょう。この二つのカードは審査基準が特に厳しく、ノーマル会員でも持っていること自体がステータスにつながるというメリットはあります。また利用履歴の計上が他社との提携カードより比較的早く、何にどれだけ使ったのかを把握しやすいのもメリットといえます。

レックスカードのカードブランドはVISAしか選ぶ事ができないので、カードブランドの選択肢があるという意味では、その他の一般的なクレジットカードにも分があると考えて良いかもしれません。

 

一般的なクレジットカードのデメリット

クレジットカードを選ぶ上で見逃せないポイントの還元率に関して言えば、一般的なクレジットカードはかなり低水準に設定されています。VISAクラシックカードの還元率は交換レートによって0.5%から0.3%になっていますし、ダイナースクラブカードも0.4%です。大体平均しても0.5%を上回ることはありません。お仕事などで必要な場面もあるかもしれませんが、ステータスという見栄をとるか、使ったときのお得感で選ぶかによって、一般的なクレジットカードとレックスカードのような提携カードを比べてみましょう。

 

レックスカードと比べてみる

何に使っても1.75%還元、更にJACCSモールや価格.comのサービス還元率が更にアップするレックスカードは、VISAのオフィシャルカードと比べても使えば使うだけお得になっていきます。更に条件を満たせば年会費が無料になったり、カードの付帯保険で「ショッピングプロテクション」や「ネットあんしんサービス」が付けられるため安心して使えるカードです。もちろんVISAの取り扱いがあるお店ならばどこででも使えますし、入会特典などでももらえるJデポの利用で請求金額からなんでも値引きしてもらえるのも大きな利点です。

一般的なクレジットカードがどうしても必要な方はそちらをサブカードにして、便利でお得なレックスカードをメインに使ってみるのも正解かもしれません。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード