価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードで「家族カード」を作ればポイントもまとめて貯められる!

家族カード

ポイント還元率の高いレックスカード(REXCARD)では、会員の方の収入によって家族カードを作ることができます。本会員が増枠申請をするときほどの厳しい査定はなく、本会員と家族カードを使う方が条件に見合ってさえいれば簡単に作れます。レックスカードの家族カードを作る方法と、メリットについてご紹介します。

 

家族カードを作る条件とは?

まずは本会員自身がお勤めされていることが必須条件になります。例えば専業主婦の方は配偶者の収入でレックスカードを作ることができますが、この場合では本人の収入がないため家族カードは作れません。
家族カードを使う方が18歳以上で、本会員と「同姓(同じ苗字)」「生計を共にしている(同居)」であることも条件になります。同姓の配偶者以外では、例えば同居の18歳以上のお子様、本会員様と同じ苗字のご両親なら簡単に家族カードを作ることができます。

 

家族カードを作る方法

レックスカードもジャックスカード系列なので、ジャックスカードへの問い合わせ・申し込み手続きで家族カードを作れます。自動音声の電話案内にかけ、オペレーター呼出し番号(32)を押して相談する方法もありますが通話料がかかる上に受付時間の制限があるため、いつでも好きなときに申し込むことはできません。
レックスカードを作るときにも案内されますが、公式サイトの「インターコムクラブ」なら電話をかけなくても家族カードの申し込みができます。各種照会やお問い合わせはインターコムクラブを利用したほうが便利です。

 

家族カードの年会費は?

本会員が年会費無料条件をクリアすれば、家族会員の年会費も無料になります。年間利用額が本会員と家族会員の合算で50万円を超えていることが条件です。利用額が50万円以下の場合は家族会員の年会費が420円かかりますが、年会費永年無料のレックスカードライトなら利用額にかかわらず本会員、家族会員共に年会費は必要ありません。

 

家族カードを作るメリット

まずひとつめに家族カードの利用額も合算されるので、年会費を無料にする年間利用額50万円をクリアするのが簡単になります。月々平均して42000円の利用でクリアというと少し大きな額に感じますが、例えば一般的に出費が増える四月、八月、十二月のこまごまとした支払いや、海外旅行に現金を持ち歩かなくて済むように家族カードを持っていてもらえば難なくクリアできます。

ふたつめに、家族カードも還元ポイントが本会員に付与されること。レックスカードで貯まったポイントとJデポの交換は3500ポイントからですが、あまりクレジットカードを使わない方なら一人で3500ポイントを貯めるのに少し時間がかかることも。使いすぎにだけ注意して、家族カードを持っていてもらうとポイントも早く貯まります。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード