価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードでジャックスインターコムクラブから「Jデポ」へポイント交換する手順

ポイント交換

レックスカード(REXCARD)は高還元率なので、使えば使うだけどっさりレックスポイントが貯まっていきます。ただしこのレックスポイントはご利用明細と共に郵送されてくるポイント交換申請用紙を使うか、レックスカードが提携しているジャックスのwebサービス「インターコムクラブ」で申請しなければJデポへの交換ができません。申請の手続き方法を詳しく解説します。

 

インターコムクラブを使おう!

ご利用明細や現在の保有ポイントも簡単に照会できるインターコムクラブでは、レックスカードで貯めたレックスポイントとJデポの交換手続きも受け付けています。まずはインターコムクラブのログイン設定をして、保有ポイントを確認してみましょう。
レックスカードのお客様情報でログインすると、画面左のサイドバーにレックスカードの券面と「REXPOINTの引換はこちら」というバナーが表示されます。このバナー画像がボタンになっていますから、クリックすれば交換画面にジャンプします。

 

レックスポイントの交換は3500ポイントから

引換受付画面では「Jデポ3500円分・必要ポイント数3500」という表示があり、その右側に応募口数入力窓があります。3500ポイント以上持っている方は1口、7000ポイント交換の場合は2口で入力しましょう。ただしレックスポイントの有効期限は取得から2年間、Jデポは3ヶ月になっていますから、ポイント交換のタイミングを間違って失効してしまわないよう注意しましょう。
応募口数入力後、「Jデポとは」の説明文の下にある確認ボタンを押します。入力が間違っていなければ、確認ボタンで送信すれば2週間から4週間でポイント交換手続きが完了します。応募受付画面によると交換手続きが集中した時は対応が遅れる場合もあるらしいので、できるだけ余裕を持って交換するのが良いでしょう。

 

web以外でも申し込みは可能?

インターコムクラブ利用は2014年9月末まで開催している新規入会キャンペーンで300円分のJデポがもらえる条件ですし、何より便利なのでできるだけ利用したいサービスです。しかし一時的にインターネットが使えないという方には、オフラインでの申し込みも可能です。
この場合は毎月のご利用明細と共に送られてくる「レックスポイント交換申請用紙」に必要事項をすべて記入し、レックスカードに返送する必要があります。インターコムクラブでのお申し込みよりも更に郵送のときの日数がかかってしまうことがありますから、次月の引き落とし前に絶対Jデポが欲しいという方はインターコムクラブで申し込まれた方が確実です。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード