価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードなら「Jデポ」を使ってそのままカード支払額から値引きが可能!

Jデポ

業界でも驚かれるほどのポイント高還元率を実現して人気を集めている「レックスカード(REXCARD)」は、支払い金額を差し引いてくれるため非常に汎用性が高いJデポが使えるのが大きな特徴になっています。何に使ったときでもポイント還元率1.75%、その貯まったポイントをそのまま利用額が値引きされるJデポに変えられるとなれば、レックスカードの存在を見逃すわけには行きません。

 

そもそもデポって何?

デポジット(デポ)とは預かり金のことです。例えばビール瓶を酒屋さんに戻すと数円のお金を返してくれたり、返却式のコインロッカーでお金が返ってくるのもデポの種類です。レックスカードで利用できるJデポも、カードの利用金額に応じて使った分のお金が返却される形の還元ポイントになっています。Jデポの「J」はレックスカードが傘下にいる、ジャックスカード(JACCSCARD)の頭文字です。

 

Jデポって何に使えるの?

結論から言えば、レックスカードが使えるものになら何にでも使えます。食費、光熱費、家賃、電話代、税金、嗜好品(タバコ・お酒など)、交遊費、旅行代などなど、ありとあらゆる支払いに対応しているのがJデポの武器です。レックスカードで使っていただく利用代がJデポで返還されているという仕組みですから、実質、Jデポ分と同額のお金で支払ったのと同じ扱いになります。

 

Jデポはどうやって使うの?

レックスカードを利用して貯めたレックスポイントは、3500ポイントをそのままJデポ3500円分に交換できます。交換には公式サイト「インターコムクラブ」を利用しましょう。他にも、ジャックスカードが提供している「JACCSモール」の利用で直接Jデポがもらえる仕組みもあります。JACCSモールを使った場合は、通常ポイント1.75%より多いポイントが付与されます。追加されるポイントはショップによって異なりますが、Amazonや楽天などの有名どころでも+0.5%も追加で付与されるので、このシステムは積極的に使っていきましょう。

他にも、レックスカードの入会特典やジャックスカード公式サイトで開催されているプレゼントキャンペーンでJデポが無料でもらえることがあります。キャンペーン内容は期間によって変わりますから、常にチェックしてきましょう。

 

Jデポで気をつけること

有効期限が3ヶ月と短いのだけが注意点です。とはいえ、一度Jデポの交換申請をして、Jデポを持った状態で普通にレックスカードを使っていれば利用金額からJデポ分が自動で差し引かれるため、無駄になってしまうことは少ないかと思います。

 

Jデポの最大の強みとは?

例えばショッピングサイトで提供しているクレジットカードでは、貯まったポイントで値引きするのがそのサイト内での買い物に限定されるケースが多いものです。特に顕著なのが楽天(楽天カード)やamazon(リーダーズカード)などです。

しかしながら、レックスカードの場合はネットでもお店でも、どこで使ってもポイント還元率1.75%の上に、Jデポはどこからの請求金額でも値引きしてくれるというのが最も注目するべきポイントです。つまりレックスカードは、サブカードにしてしまうのがもったいない、メインカード向きのクレジットカードです。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード