価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードでリボ払いを利用した場合のポイント還元率

Jリボで貯まるポイント

ポイント高還元率クレジットカード「レックスカード(REXCARD)」には、更にポイント還元率を上げる技がいくつか存在します。ショッピングでお使いの利用額をリボ払いに設定するのもそのひとつ。手数料(利息)などで嫌われがちなリボ払いですが、賢い使い方次第でポイントを更に大量ゲットできます!

 

リボ払いを使ってみよう

リボルビング払い(リボ払い)は絶対にやめておきましょうというホームページも存在します。しかし賢く計画的に使えば、これほど便利に将来の収入に対する出費が計算できる払い方はありません。月々にご利用残高次第ですがほぼ一定額を返していくシステムなので、例えば高額商品の購入時にリボ払いを使えばいつくらいに返し終われるかがすぐにわかります。

またリボ払いの残金一括払いや一時的な返済増額も、レックスカードなら「インターコムクラブ」やカスタマーセンターへの連絡で簡単にできるため、いま必要な高額商品をすぐに手に入れて、残りの返済額を貯めておけば特に注意することはありません。

 

レックスカードはリボ払いで2.25%還元に!

高額商品だけリボ払いにすることには、ポイント還元率の変化も関わってきます。例えば10万円の商品をリボ払いにすれば、2.25%の2250ポイントが得られます。

 

自動リボサービス(Jリボ)の活用

特に毎月の利用金額が少なめで、リボ払いでもすぐに返せるレックスカードライトのユーザーなら、請求金額を自動でリボ払いに設定してくれるJリボの利用が便利です。レックスカードを選ぶ方は月平均で42000円程度使って年会費無料を狙われますが、永年年会費無料のレックスカードライトなら月の請求額にこだわる必要がなく、またリボ払いに設定することで1.75%のポイント還元が受けられます。

 

リボ払いは使い方しだい!

例えば年間を通じて平均額42000円で年会費を無料にしたい方の場合は、Jリボ登録のままでいると翌月への持ち越しがどんどん貯まっていってしまい、リボ払いの便利さよりも手数料の高さや返済期間の長さでデメリットばかりになってしまう危険もあります。Jリボの登録は抽選式キャンペーンの当選率が二倍になったり、新規登録キャンペーンなどでお得な面もありますから、使い方によって選択しましょう。

  • 高額商品の購入時にリボ払いを選択する場合
  • 月の利用額がリボ払いの設定より低い場合

以上がリボ払いオススメのシチュエーションです。レックスカードは賢く便利に使えば、もっとお得にすることができます。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード