価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードの入会資格は?主婦・学生でも発行できるのか?

学生・主婦

持っていればお得、使わなければ損のポイント高還元率クレジットカードレックスカード(REXCARD)」。今までクレジットカードを持っていなかった方にもフレンドリーで使いやすい仕様や優れたデザイン、充実した付帯保険で人気を集めています。生活の時々で節約したい学生や主婦の方にこそオススメのレックスカードの入会資格についてご説明します。

 

なぜ主婦(主夫)や学生には審査が厳しいの?

審査の基準は返済能力があるか・ないかの一点です。例えば毎月決まった収入とボーナスを得るためにお勤めのサラリーマンの方に比べれば、本分が学業でアルバイト収入の学生さんや、配偶者の方に収入を完全に任せている専業主婦(主夫)、扶養控除の範囲以上は働けない兼業主婦・主夫の場合でも、審査が通らないクレジットカード会社が存在します。

 

レックスカードも通らないの?

入会資格に「原則18歳以上(高校生以外)で電話連絡可能な方」とだけ書かれているとおり、レックスカードを申し込むにあたって会員本人の安定収入は必須ではありません。アルバイトでも長期間お勤めされていたり、配偶者の方の収入が安定している主婦・主夫の方も審査が通りやすいカードになっています。

レックスカードは、アルバイトでも生活に追われずに学業へ専念したい学生や、将来のために貯蓄したい主婦・主夫の方にオススメの高ポイント還元率カードです。例えば家賃や光熱費に支払う分の1.75%貯まるポイントを使い、浮いたお金を書籍購入や貯蓄に回すことだって可能です。

 

主婦(主夫)や学生が気をつけるポイントは?

親元で暮らされている学生や配偶者に収入を任せている主婦(主夫)の方が本会員になったとき、家族カードの申し込み審査が通らない場合があります。つまり生計を更に楽にしたいとき、親御さんや配偶者の方に家族カードを持ってもらうことができません。

この場合、一家の家計を支えている固定収入がある方がレックスカードを申し込み、主婦や学生の方が家族カードを持つ形なら簡単に審査が通ります。レックスカードに限らず、クレジットカードの本会員名義は責任を持てる方にしておくのが正解です。

正社員で働かれている共働き世帯の場合は夫婦で別々のレックスカードを持つことも簡単ですが、ポイントの合算や年会費を無料にする年間利用金額50万円のハードルを考えれば、どちらかが家族カードを申し込まれたほうがお得で審査もスムーズです。

 

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード