価格.comが提供する高還元率1.75%で現金値引きもできる「REX CARD」を隅々まで調査!口コミで人気のお得クレジットカードの真相に迫ります。

レックスカードのライバルカードは?ポイント還元率が高い万能カードをラインナップ!

レックスカード ライバルカード

レックスカードはポイント還元率が高いことで知られていますが、レックスカードと同様に高還元率を売りにするカードが他にも存在します。そんなレックスカードのライバルカードを見ていきます。

 

漢方スタイルクラブカード

 

漢方スタイルクラブカード

 

漢方スタイルクラブカードはレックスカードと同じくジャックスカードが発行しているカードとなります。こちらもポイント還元率が1.75%とレックスカードと同様です。漢方スタイルクラブカードは、JデポとANAマイルへの交換ができますが、ANAマイルへの還元率に関しては1.05%と本家のANAカードを凌ぐカードとなっています。そのため、漢方スタイルクラブカードはANAマイラーで旅行が好きな方が多く、レックスカードの場合は、節約志向が強い方やインターネットショップでの買い物が多い方に支持されています。

また、レックスカードの場合は年間50万円以上から100万円以内であれば年会費が無料になり、年会費が1500(税抜)かかってしまう漢方スタイルクラブカードに比べてお得になるケースが有りますが、漢方スタイルクラブカードの場合は、年間の獲得ポイントに応じてもらえるボーナスポイントを考慮すると年間100万円以上利用する方がお勧めです。

レックスカードと漢方スタイルクラブカードの比較についての詳細は下記ページにて紹介しておりますので合わせてご覧ください。

 

リーダーズカード

 

リーダーズカード

 

リーダーズカードはこちらも同じジャックスカードが発行するカードになりますが、Amazonでの利用で大変お得なカードとして知られています。こちらはAmazon限定で利用可能なデポジットへの交換に限定してポイント還元率が1.8%となります。Jデポに交換する場合は1.5%となり、レックスカードが1.75%還元でJデポと交換可能なことを考えると、若干還元率が低くなってしまいます。AmazonのヘビーユーザーでAmazonでの利用が多い方にはお得なカードになります。しかし、様々なシーンで利用を考えている方はレックスカードがお得になります。

年会費についての条件レックスカードとリーダーズカードはほぼ同一で、初年度は無料で前年度の利用金額が50万円以上であれば無料になります。ぞれぞれの利用シーンを考えた上でベストな選択が可能です。

レックスカードとリーダーズカードの比較についての詳細は下記ページにて紹介しておりますので合わせてご覧ください。

 

エクストリームカード

 

エクストリームカード

エクストリームカードも同じくジャックスカードが発行しているカードです。こちらは、ポイントサイトであるGポイントへは還元率1.5%、Jデポへは還元率1.25%でポイント交換可能なカードになります。単純にポイント還元率で見てみると、レックスカードより若干低いのは否めませんが、実は、エクストリームカードと東京メトロのソラチカカードの組み合わせで、ANAマイルへの還元率1.35%が実現してしまいます。クレジットカードは2枚併用する必要がありますが、マイルへの還元率を考えると、こちらも還元率が高い最強のカードであることは間違いありません。どちらかと言えば、漢方スタイルクラブカードとのライバル感は強い印象はありますが、旅行好きの方はこちらのカードも見逃せません。

エクストリームカードの詳細はジャックスカードのページよりご覧ください。

関連記事

レックスカードの実力について

本気を出したカカクコムが提供する高還元率1.75%のクレジットカード「レックスカード(REXCARD)」について、他のどのサイトよりも、詳しく説明しているつもりのサイトです。レックスカード最大の特徴である高還元率や現金値引はもちろん、他の高還元率カードとの比較や、気になる部分も含めて、レックスカードについて徹底解説しています。

その他のお得なカード